So-net無料ブログ作成
検索選択

私の無謀な一人旅②~金もないが時間もない編~(追記あり) [日記]

スポンサードリンク




<前回までのあらすじ>
深刻な資金不足により18きっぷで静岡から宮崎を目指すぞ!
特急料金を払えばソニックに乗れると思っていた時期が私にもありました。 
そんなときにかかってきた電話の相手とは!?(詳しくはこちら





結論から言うと電話の相手は母でした。
用件としては、お盆は何日ごろから帰ってくるのか・・・というなんてことないものでした。

その電話で私は「18きっぷを使って2日かけて帰る」ということを自慢げに話してみせたのです。
実際にはお金がない自慢なのでまったく誇れることではありません。
しかしこのときの私は旅の計画を立てているせいで妙なテンションだったので自分の旅の計画がとてもおもしろく魅力的で素晴らしいものだと疑っていなかったのです。ででーん!

そしてこの旅の要である(勝手に決めた)宿泊先である兄と連絡が取れないことを話すと、
「兄なら10日の夜に出るようなことを言っていたから車に乗せてもらったら?」
と言うではありませんか!

宿泊代が浮くどころか2日目の交通費まで浮くではないですか!(余った18きっぷは金券ショップで買い取ってもらえばOK)
しかも10日の夜に車で福岡を出るということは宮崎に着くのは翌11日の早朝。

11日に友人と会う約束をしていた私にそれはとても甘美な誘いであり即座に食いついたのです。
上手くいけば何かおごってもらえるかもしれない・・・だってお兄ちゃんだもんね!


さっそく兄にそれはそれは丁寧な文章のメールを送りました。
暑中見舞いの挨拶を序文に組み込み、さらにこちらはあなたの想像以上に資金不足だということをそれはそれは丁寧に・・・・・・
(こうすることによって何かおごってもらえるかもしれない可能性が上がるかもしれない・・・)


それなのに音沙汰なし!(残念ながらいつものこと)
やっと返事が返ってきたのはメールを送ってから3日後、出発の4日前のことでした。
その間に何度も催促の電話をしてくれた母に感謝しつつ、ようやく旅の予定が本決まりになったので準備が捗ります。

いつも帰省や旅行となると出発前日の夜中まで荷物の準備をしている私ですが、
今回はなぜかとても早く準備を終え、道中に食べるお菓子を用意するという余裕ぶり。

さらにスマホの充電節約のために時刻表を紙に書き写しメモを作ることに

P_20170829_180303.jpg

各駅の到着・出発時刻、駅名とホームの番号、さらに乗車時間と待ち時間まで書き込む徹底ぶり。
しかもどこかで遅延が発生しても大丈夫なように予備の行程もいくつかメモ。
我ながら冴えていると思ったのですよ。
向かうところ敵なし。鬼に金棒なのです。


忘れ物もなければ、明日着ていく服も決まっている。
電車の中で時間つぶしに読む本も2冊入れた。
なによりずっとやりたがっていた電車で一人旅ができる。
ワクワクが止まらないよー!(虹野ゆめ風) 
これで完璧だわ!と安心して眠りにつくことができたのです。


そして翌朝4時起床→お土産に持って帰る野菜を畑で収穫→6時に駅に到着という、無謀かと思われた始発電車への乗車も協力者のおかげで難なくクリア。

もうこの旅は成功したも同然。



そのときはそう信じてやまなかったのです。





電車に揺られること約2時間。
最初の乗り換え駅である大垣駅に到着する前に私を待っていたものは電車の遅延を知らせるアナウンスでした。

最初の乗り換えで既に遅延です・・・
しかもけっこうな。
え・・・なにこれ・・・ドッキリなの?っていう気分になりましたよ。


教訓2:万全を期したつもりの時刻表メモも一瞬でただの紙切れと化す
~想定外すぎる大幅な遅延も現実では起こると知りました~


正直に言うと、よりによって今日かよ!と思いました。
多少の遅延ならどうにかなりますが、大幅となるとどうにもなりません。
ましてやここは1日の行程の8分の1の地点でしかありません。

片道16時間の長旅のほんの2時間なのです。
なんたる仕打ち!こんなのあまりにも酷すぎるではありませんか・・・!


早朝のウキウキ気分から一転、気分は落ち込みました。
さらには、おやつに持ってきた芋けんぴも半分も残っていません。
そりゃ出発直後からボリボリ食べていたらすぐになくなるわ!


電車の遅延という計画の狂いと空腹に私の心は折れたも同然・・・
しかし、本当の悲劇はここからなのです。



なんとか電車を乗り換えホッとしたのもつかの間、スマートフォンを見ると兄からメールが。



ものすごく嫌な予感。
急いで開いたメールに書かれていたのは、出発が翌日の昼以降になるという信じられない内容でした。
死亡確定。

いや、待てよ?何かあったのかもしれない・・・
たとえあんな兄でも理由を聞かずに腹を立てるのはよくない。

そう思いながらもかなりパニックになっていた私は急いで返信をすると
「明日の午前中に髪を切りに行くから」
というこれまた信じられない言葉が並んでいました。

ありえなくね?
そういうのもっと前にやっとくべきじゃね?
つーか、最初からそのつもりならそう言っておくべきじゃね?

家を出るまでの十数年間一緒に過ごしてきたはずだがまったく意味がわからねえ・・・・・・
あれ?でも良く考えたらこういう人だったかもしれないぞ?
私の中の思い出補正がかかりすぎていたのかもしれないぞ?

考えれば考えるほど過呼吸気味になってしまいパニック度は増しました。

翌日は友人と約束があると伝えると電車で帰れば?なんて言ってきやがって・・・
特急に乗るお金などないと言っとろうが!
ちくしょう!

勝手に予定を変更しておいてまったく悪びれないなんて!意味がわからないよ!
でも残念ながら昔からこういう人だったわ!
思い出補正こわい!!


しかしこの旅の波乱はこれだけでは終わらなかったのです。





<次回>
金もないが勇気もない編(予定)

タグ:18きっぷ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

トム・ホランドの奇跡っぷり [日記]

スポンサードリンク




洋ショタ(つまり海外の男の子)が好きな私の唯一といっていい悩みが欧米人の劣化の早さだ。
劣化というのは非常に失礼に値することはもちろん承知している。
しかしここではあえて劣化と言わせていただく。

なぜならかわいい男の子が好きなのだからその子がどんなにイケメンであろうと「大人っぽくなる」ことは劣化するということに等しいのであります。


現にあんなにジュラシック・ワールドでかわいさを発揮していたタイ・シンプキンスくんは来日時には既にかわいさ→かっこよさにシフトチェンジしていたではないですか!
アイアンマン3で一目ぼれして、ジュラシック・パークが大嫌いな私がCMを見ただけでジュラシック・ワールドの鑑賞を決めてしまったくらいにタイ・シンプキンスくんの天使さはとてつもなかったのである。

映画に誘われていたのに絶対に行かないと言い張っていたのに、CMを見た直後に手のひらを返したように映画の上映時間を調べるあたり我ながらひどいなーと思っています。
(それにしてもあの一瞬の映像でよく同一人物だと気づけたなと思います。普段、俳優さんの顔の区別ついてないからね)
この動画ではないのですが・・・

映画『ジュラシック・ワールド』60秒最新映像


ジュラシック・ワールドは結局3回くらい観に行きました(タイくん見たさに)。
この間TVで放送していたのは吹き替えに耐えられずに10分くらいでやめました。
他のキャラの声も耐えられなかったけれどどうにもタイくんからタイくん以外の声が出ているのに我慢ならなかったのです。
洋画は基本的に字幕派です。

最近だとデッドプールは上映時間が合わなくて吹き替えを観に行ったなぁ(デッドプールって何年前だ)
その前はIMAXで3D見たさにパシフィック・リムを吹き替えで観た。

字幕版はなかなか3Dやってくれないですね。
まあ酔うので3D好きではないのですけれど。


本題から逸れてしまいました。
とにかくジュラシック・パーク嫌いな私がジュラシック・ワールドを3回も観に行くほどにタイ・シンプキンスくんは魅力的だったのに!1年とか経ったら!もう!かわいさが足りない!!!
(その後タイくんの過去出演作を漁ったのは言うまでもありません。
ホラー苦手なのにインシディアス観たからね。きっちり第2章まで。
スリーデイズのときがめちゃくちゃかわいくて素晴らしかったけれど台詞は少なめでしたな。
個人的に1番はやっぱりアイアンマン3の憎たらしいクソガキみたいなのがかわいくていいです。
宇宙戦争まで見返したけどさすがにわからなかったwww)


また逸れてしまいました。
とにかく、14歳とか15歳まではかっこよさとか求めてないから!(あくまでも個人的な意見です)
スーツを着て髪型をきちっとしてしまったらかわいさ半減だから!(あくまでも個人的な意見です)
そういうの高校生になってからでいいから!(あくまでも個人的な意見です)

タイくんに限らず、欧米人は15歳を迎える頃には老けるといっては申し訳ないが”大人”になってしまうのである・・・
欧米人の外見的成長早すぎだよorz



それから半年後、シビル・ウォーを観たのです。
そう、ついにアベンジャーズにスパイダーマンが参加したというあの映画です。
そして本題はそのスパイダーマンです!
彼はなんなんでしょう。
え?21歳?嘘でしょ?英国人で21歳で?え、この顔なの?奇跡なの?
こうしてタイトルに至るという具合です。(長かった)

一言で言うと「やばくない?!」って感じです。

(なんて便利な言葉なのでしょう)

よし、出演作を観よう!となるのは当然の流れで、調べていたら・・・

「白鯨との闘い」・・・だと!?
これ、前にレンタルして観たぞ?
そしてかわいい男の子いるなーって調べて、知らない子だなーってなって・・・

あ れ ト ム ・ ホ ラ ン ド だ っ た の か !

ってなったわけですよ。 

私の記憶力なんてとてもいい加減なもので、最近も「ソーの人(クリス・ヘムズワースさんというらしい)っては白鯨との闘いに出てたの?!」って言いましたからね。
今思えば観たときにも「この人ソーなの!?」ってなった気がする・・・・・・


巨大鯨が人間を襲う…映画『白鯨との闘い』本編映像


この動画の0:27あたりがトム・ホランド。
というかサムネイルがトム・ホランド。

とにかくトム・ホランド21歳ってすごくないですか?
欧米人に童顔って存在したの!?

インポッシブルが2012年スパイダーマン:ホームカミングが2017年って・・・5年経ってるってすごくない?
確実に大人っぽくはなっているはずなのにちゃんとかわいさが残ってるのすごくない???

今年のスパイダーマンの来日した時に髭を生やしていて「oh...orz」ってなったけど、本編がよかったから結果オーライですよ。
とにかくトム・ホランドがいいんですよ。
すごいんですよ。

トム・ホランドめっちゃいいから・・・スパイダーマン観て・・・




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の無謀な一人旅①~金はないが時間はある編~ [日記]

スポンサードリンク




今年は初盆ということでいつもは大型連休を避ける帰省も、避けようがありませんでした。
それでも調整して早めに出発するように計画を立てたのですが、日付を早めたるだけでいいなんて今回の帰省は甘いものではありません。
なぜなら・・・・・・

深刻な資金不足だからです!!!ででーん


中部地方から九州地方までの旅はとても安くはすみません。
それでも今の時代、格安航空だの夜行バスだのと選択肢はたくさんあります。

しかし、あれって実際に安いのは、空港からもしくはバス停から家が近い人だけなんじゃないの?っていうのが私の考えなのですがどうなのでしょう。
実際、今住んでいるところも空港までは相当遠いですし、駅ですら車で1時間弱です。
向こうに着いてからもかなり悲惨で、迎えの車は必須といっても過言ではありません。
田舎って本当に大変ですね。

そこで私が目をつけたのが「青春18きっぷ」です。
これはとってもお得で便利。
JRの電車が一日乗り放題!5回分で11,850円です。
1回2,370円で(めちゃくちゃ)頑張れば東京から福岡まで行ってしまうこともできなくはないという優れもの。

実際に何度か愛知から東京くらいまでなら使用したことがありますし、数年前に(ゆっくり2日かけて)博多まで行ったこともある私はそんなの楽勝だろ!くらいに余裕をぶっこいて勝ち誇っていたのであります(この時が6月くらい)。

そして7月末からやっと時刻表を調べ始める余裕っぷりを見せつつ、8月に入ってやっと金券ショップで18きっぷを購入しました。
出発当日は始発の予定なので事前に買っておきました。
往復で2回ずつ使う予定で4回分の18きっぷを9,800円で購入しました。
1回が2,450円ってことは片道2回分で4900円・・・めっちゃ安くないか!?

それからも時刻表とにらめっこする日々は続きます。
とりあえず1日目は浜松駅から始発(6時)の電車に乗ると小倉駅に着くのは22時。
いける!と確信した私はさらに計画を詰めていきます。

この貧乏旅行に欠かせない福岡での1泊は福岡在住の兄の家に泊めてもらうことに(半ば勝手に)決めました。
漫画喫茶かカラオケに泊まることも考えましたが、できる限り出費を抑えるため仕方がなかったのです。

2日目は小倉駅から鈍行で延岡駅を目指すことにしました。
18きっぷを有効に使わなければ、と最初は考えていたのです。
しかし、最初の落とし穴はここにありました・・・・・・

Screenshot_20170829-214712.jpg

これです。
鈍行のみで小倉から延岡を検索すると1日に1本しかルートが表示されないのです。
どういうことだ・・・詰んだorz
とりあえず紙の時刻表とか漁ってみましたが、見方がわからねーよ!!ってことでインターネットの力でわからないなら断念するしかあるまいと。

教訓1:スーパーソニック(有料特急)に18きっぷは使えない
~特急料金を払えばソニックに乗れると思っていた時期が私にもありました~


そして、ようやくここで(これはなにかトラブルがあって電車に乗り損ねたら詰むぞ・・・)というとてつもなく恐ろしい可能性に気づいてしまったのです。(このときが出発予定の1週間前くらい)

気づくの遅いよ!!!



しかし、ここで滅多にならないスマホの着信音がなります。
その電話が今回の貧乏旅行もとい私の運命を大きく変えることになるとはその時は知る由も無かったのです・・・・・・!






<次回>
金もないが時間もない編(予定)








タグ:18きっぷ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行