So-net無料ブログ作成
検索選択

<トレジャー オトナタチの贈り物。>で一攫千金を狙う気分を味わう [映画]

スポンサードリンク




アニメだけでなく普通の映画の感想も書いていこうかと思います。


レンタルショップで面白そうな映画を探していたら気になったので借りてみました。
こちらの映画です。


トレジャー オトナタチの贈り物。 [DVD]

トレジャー オトナタチの贈り物。 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: DVD



パッケージを見ていたら子役の男の子がかわいかったので思わず・・・
あらすじがおもしろそうだったので思わず借りてしまいました!



(以下ネタバレを含みます)



・借金を返すために「お金を貸してくれ」ではなく、「宝を探すための金属探知機代を貸してくれ」というのはおもしろかった。
なるほどそうきたか。

・序盤はゆっくり・・・というかグダグダな感じが普段好んで見る映画とは違っていて面白く感じられた。

・宝探しのシーンはもはやイライラしかなかった・・・orz 

・宝を発見して山分けシーンで、157枚あった株券をさりげなく半分の78枚にした上で、
さらに母と弟と3分割しろとか言い出したのはなんなの。
さすがにひどすぎる。
ギャグなの?ブラックジョークなの?ルーマニアジョークなの?
なんで最初っから自分の分を半分引いてるの?

隣人の男ゆるさねえ・・・

こんな感じでした^^
私には合わなかった・・・
ただのグダグダ映画にしか見えなかったです。うぅ・・・

影の目的であった男の子はそんなに映りませんでしたorz
もはやなんのために借りたのか・・・





はやくドクター・ストレンジが見たいなぁ・・・!!





<ガッチャマン>が面白すぎる [アニメ]

スポンサードリンク




なぜ今更ガッチャマンを見ているのかというと、
これのせいであります。


Infini-T Force(1) 未来の描線 (ヒーローズコミックス)

Infini-T Force(1) 未来の描線 (ヒーローズコミックス)

  • 作者: タツノコプロ
  • 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ
  • 発売日: 2016/04/05
  • メディア: コミック



この漫画がすごく面白くて面白くて・・・

作者で思わず買ってしまった漫画だったのですが大当たり。
この方はあれですよ、ジャンプで卓球漫画や都市伝説漫画を描いておられた方ですよ。
World 4u_なんてわざわざ赤マルジャンプ(だったかな?)を買ってまで追いかけていましたよ(なつかしいな・・・)
数年前にやっと単行本が発売されましたが、収録されなかった作品がいくつかあって悔しい思いをしたものです。
「福袋」とか読みたいよ!!



そんなことはさておき、ストーリーを簡単に説明しますと、
別の世界戦に存在するはずのタツノコヒーロー、ガッチャマン・キャシャーン・ポリマー・テッカマンの4人がとある世界線に呼び出され協力して(?)悪を倒す!みたいな感じです。

フル3DCGアニメも作られているようで楽しみすぎますなあ!


このInfini-T Force(インフィニティ フォース)という漫画がいくら面白いからといってさすがに3シリーズも作られたアニメを今更見ようとは思わなかったよ・・・

ではなぜガッチャマンのアニメを見るに至ったか!
直接の原因はこのポリマーの活躍がめっちゃかっこいい2巻の巻末にある。


Infini-T Force 未来の描線(2) (ヒーローズコミックス)

Infini-T Force 未来の描線(2) (ヒーローズコミックス)

  • 作者: タツノコプロ
  • 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: コミック




巻末のいわゆるおまけページに各アニメ作品の紹介ページがあったのだが、その一部に強く惹かれたのであります。

その人気により放送期間を延長、放送終了後も続編を望む声によりⅡとF(完結編)がつくられた
的なことが書かれていました。


放送期間を延期するってすごくない!?そんなに面白いの!?


そして我が家で唯一契約している動画サイトHuluを見るではないですか。
全部あったんですよ!
タツノコヒーロー万歳!!
とりあえずガッチャマンからテッカマンまでマイリストに放り込んでおきましたよ!

そしてちびちびとガッチャマンを見ている次第であります。

105話はさすがに多いw

最初はネットで重要回だけ調べてそれだけ見ようかと思っていたのですが、こんなに面白いアニメを1話も逃す手はないよ!!!
最近の萌えアニメなんかとはぜんぜん違うよ!

ガッチャマン熱いよ!!!!


ガッチャマンのすごいところって科学忍者隊の敵であるギャラクターの悪さだよね。
どんだけ悪いんだこいつらwww
子供向けアニメじゃないw
失敗したら絶対に自爆させられるなんていまどきないでしょう?
多めに見られるのは中ボスであるベルク・カッツェだけ。
ベルク・カッツェさえ総裁ミスターXに脅されて挙句の果てに捨て駒宣言されているし・・・(本人は知らない)


やっと70話ですよ。
むしろこの話を50話とかでどうやってまとめる気だったのってレベル。

俺たちの戦いはまだまだこれからだ!みたいなオチにしかまとまらないでしょ。
早く続きが見たいー!!!


それぞれのキャラ設定を見てるだけでいろいろ想像できて面白いです。
話が進むごとに答え合わせみたいになってくる。

最初のころはケンとジョーのキャラ被ってるじゃん!とか思っていたけどそんなことはなかった・・・
すまんかった。

じん平がジュンをお姉ちゃんって呼んでるところとか今ではもう泣けてしまうレベルに感情移入できます←

リュウだけなぜいつも非戦闘員みたいな扱いなのかとか、序盤を思い出すと泣けるよね。


Wikiとか見ていたらジョーが日系イタリア人だとか、ジュンがハーフだとか、そういう設定も吃驚したけれど、
なによりケンとジョーが18歳なのに対して、リュウが17歳で年下だったことに一番の衝撃を受けたわけですが。


とりあえず早く続きが見たいぞ!


新年早々、<この世界の片隅に> [アニメ映画]

スポンサードリンク




この世界の片隅に」を観て来ました。(2回目)

1度目は年末に観に行ったのですが、とてもおもしろくてまた観たいと思っていたところ、近くの映画館での上映終了が近づいていたので勢いで観に行きました。


この作品も評判を聞いて観たくなったのです。

結論から言うと、2回も観る映画ではなかったです。


これは決しておもしろくなかったというわけではなく(おもしろいから2度も観ようとおもったわけで・・・)、
こういう映画は2度目は辛すぎる・・・・・・しかも新年早々・・・・・・



(以下ネタバレ含みます)



・箸を遠く持つ子は遠くにお嫁に行くと聞き、近すぎるのは夢が無いからとさりげなく箸を持ち替えるすみちゃん(妹)がかわいい。

・昔の人は人力のみであんな防空壕を各家庭ごとに作っていたなんてあらためて考えるとすごすぎるでしょ・・・

畑で作る作物も制限されていたとは知りませんでした。(劇中ではすいかは禁止されていると表現があった)

・「キャラメルが1箱100円、砂糖が140円(だったかな?)なんて時代がくるかも・・・生きていけるのだろうか」というギャグがおもしろかった。なんとか生きていますよ←

ちなみに・・・

海苔をすいたり、干したりといった作業をしている姿が描かれていたのが気になって調べてみました。
どうやら広島は明治時代には水揚げ量が全国で1位となるほどの産地だったようですね。
第二次世界大戦中に広島の海域は軍事用として発達したために、海苔の生産の衰退を余儀なくされたようです。


この映画の何がよかったって、声優さんに変な人がいなかったので何の違和感も無く本編に集中できたことではないのでしょうか。
上手い下手ではなく、合う合わないってすごく重要。
アベンジャーズを吹き替えで見ようなんて絶対に思わないもの

すずさんのおっとりした感じがのんさんがとてもあっていたし、
最初はまた細谷さんと小野Dか・・・などと少し思いもしたけれど気にならなくてよかったです。
それに細谷さんは広島出身でしたね。ある意味当然の起用だったのかしら。


なにはともあれ、この作品はたくさんの人に観られるべき作品だと思いました。
こういう作品がないとなかなか過去の出来事に触れられないような私たちの世代にとっては。